みかん食文化

湯河原のみかんとは

湯河原でのみかんの栽培の歴史は意外と古く、江戸時代には現在の福浦地区で栽培されていた記録が残っています。その実は小田原藩に買い上げられ江戸城に贈られたとされています。当時のみかんは現在の温州みかんとは違い、小ぶりでタネのある「ふくれみかん」や「相模柑子(さがみこうじ)」と呼ばれる品種でした。

湯河原みかんの味の特徴はなんと言っても濃さです。 特に年を越してからの温州みかん「大津みかん」や「青島みかん」の濃蜜さは格別です。 また、春に旬を迎えるネーブルなどのオレンジ類や清見や不知火などのタンゴール類は雪が積もらない湯河原ならではの樹上越冬ができるため糖度もUPします。

●主催/みかんグルメ&スイーツサミット実行委員会
●共催/湯河原町 ●協賛/(一社)湯河原温泉観光協会
●企画・運営・お問合せ/みかんグルメ&スイーツサミット実行委員会 事務局 (湯河原町商工会内)
 TEL/0465-63-0111 FAX/0465-62-3500 E-mail/mikan@yugawara-sci.or.jp